スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シングルスHP/POPLEよりビニ

綺麗な写真と(ビニが綺麗という意味ではありません(>_<))
インタビューの抜粋が、シングルスHPにUPされてました。
全部、持ってきてみた~


まずは、写真を全部まとめて~^^(先に見たいよね~(笑))文章は、後からね~(^^ゞ


(以下、クリックで、すべて拡大します。)


singles01


singles02


singles03


singles04


singles05


singles06








(この翻訳機の文章…肝心な処で、さっぱり要領を得ないので、まずUPしますが、
後で、勘訳で、手直し入れますね。)


ヒョンビンという名の不慣れな種 
(ヒョンビンという不慣れな 種)      <シングルス> 2010年 9月号




ヒョン・ビンは20代青春の最後の地点を急がないでゆっくり通過するところだ。
悦楽のようだった先日の撮影現場で彼は多くのキャラクターと構図を経る中に
熟していく稲のように自らを成長させてきた。
からだに優雅にバン静中動のムードは彼という井戸でくみ上げた、過ぎた青春の跡だ。
それはヒョン・ビンらしかったし片方では見慣れなかった


SHP_01
(↑クリックで拡大します。)
ブラック皮ジャケット, インナーで口はブラウン阻止トップ, 麻布であってパンツは皆リックオウェンス,
ブラック送致ディテールのワーカーは恋人ドムィルミスト, 下がるブラックサクスはスタイリスト所蔵品.


ヒョンビンホールで, どの瞬間静かにスタジオに染みこんだ.
このトップベウスロブジない淡泊な登場でも見当をつけることができるように
彼は動ではない静に近い人物だ.
ただ一瞬も, いたずらに鋭敏になってコップさえ緊張するようにするとか
あるいは反対に搖れる燥症のエネルギーに荒されたようにふるまわない.
ひたすら目立ったのは <晩秋>の撮影を終わらせた後しばらく育てた髪の毛が
強靭なあごの線すぐ近くまで素敵にうねながら下っているというの位だった.


彼は今 20代の最後の地点を余裕のあるようにパスしている.
一番熱い時期を撮影現場で多様な悦楽とともに経って来た男は,
幸いに携わった世界との校監の中で自らを成長させると思った.
そして分かってみれば彼のチォシックドングムルスランエティティユドは熾烈な悩みと節制の結果物だった.
精一杯打つのを現わしても良かった瞬間にも決して一喜一悲しない無口真ん中で
自分を鍛えて来た続深い熱血青春.
ヒョンビン自分ばかりの外被を堅たくかけている彼の去るキャラクターとたくさん似ている.
そして彼は人間ヒョンビンで日常の生も暮して俳優ヒョンビンで現場の生も暮すためにとても多い考えをする
俳優としては珍しく不慣れで嬉しい鐘だった.


SHP_02
(↑クリックで拡大します。)
ブラックラウンドニット, ブラックロングカーディガン,
肩にかけた狂いディテールグレーマフラーは皆ジェヒ神さま, ブラックパンツはラングバング.




<スヌブ>を読んでいる姿が印象的だった.


あ, 心理に関する本なのに人々に対してどの位分析することができる.
人を表現して人に絶えず会う事をするから自然に関心が多くなった.
書店で初章を読んで見て大丈夫のようで買ったが読めば読むほどおもしろい.


普段人をよく観察する方か?


すごくお上手だ, ハハ. まじまじ見る.
今日思っても慇懃たくさん観察した. 抜く他の種だから.


アハ, 種?


当たる. 種!
同じ種族だが同じだと言うにはとても他のキャラクター,
他の癖とジェスチャーをジニー高ないか. 詳らかに一人一人見れば各各とても珍しい,
個性的な姿を持っている.
そんなものなどをよく見ておいて憶えておけば後で作品する時役に立つ.
一つでももっと鮮かに近付く.




今年 3月に <晩秋> 撮影が終わったが, 今まで何をしながら過ごしたか?


撮影がシーアトルで終わってすぐハワイに旅行を行って来たし,
ソウルへ来てはのびやかな中慌ただしく送った. 本も読んで運動もして.
片手間に撮影もちょっとして. うまく行った.




旅行をよくする方か.


好きだ. 大部分は作品終わって休むために細い方だ.


旅先では怠けなのか, かいがいしいか?


とても怠けだ. 眠って食事してテニングして永ぐのが一日日課だ.
外にもほとんど出ない. 一日中プールの中にあると思えば良い.




うーん, 女性ファンのためにソウルのプールにも現われれば良いでしょうに.


もちろん私は行きたい, ハハ.
しかし私だけ不便なのは構わないのに一緒に間友達まで不便になるからすまなくて行けない.




SHP_03
(↑クリックで拡大します。)
レッド&ブラックのグランジしたチェックシャツは米しなさいYasuhiro, インナーで口はカーキカラーラウンドトップは T アレクサンダー王, グレーデニムパンツはリング by エクで, 十字架チェーン飾りのパンツはデ−スクェオド, ブラックベルトはニルバレッ, ネービーとワインカラーのこんにちはトップシューズはラングバング.




休む期間が長くなれば仕事がしたくてどの瞬間ウルグンブルグンするようにならないか?


この間まで <友達> <私は幸せです> <彼らが住む世の中>を相次いでした.
私がどうしてこんなに走るの, つくづくと考えて見たら
短い時間の内に願った作品がすべて入って来てそんなことだけだった.
元々は一作品終わらせて 6ヶ月以上休む事が茶飯事だ.
それほど休みながら一回も"こんなに休んだからこれから仕事ちょっとしよう"と心忙しがった事がない.
機会が来て判断が書面自然にさせることが好きだ.


もし休んでいるのにシナリオがずっと入って来なかったらどうするテンが?


それでは, そのままずっと休むこともできる, ハハ.




<晩秋>に対して気になる人々が多い.
タングウェイとの作業, 金洙容監督のリメーク作ということ抜いたり知られたところがない.
インターネットに上って来た写真の中ヒョンビンはとても不毛に見えた.



寂しいキャラクターだ. しかし表ではワンパクだ.
中に何かがあるがとてもちょっと, こっそりこっそり見えるだけだ.


タングウェイとの作業はどうだったか.
対話がなだらかに通じる相手はいやなので困難が多かったようだ.



どうしても奥深い話が行き交うことができる雰囲気ではなかった.
言語的でも, 撮影システムも. アメリカは 12時間撮影すれば無条件その日仕事が終わる.
しかしそれは覚悟したゴヨッウだから.
大きく近付いたのは延期スタイルがあんまり違ったというのだった.


どんな点が一番違うか.


例えばリーディングするとかリハーサルする時
タングウェイさんはカメラをすぐ回しても良いほどにそっくりにさせる.
そんな過程を経って自らを補って行くことだ.
一方私はリハーサルの時 50%も見せてくれない. 代わりにこの時感じたことを持って
熾烈に悩んだ後撮影する時 100%を持って行って満たす.
そんな状態の私を相手で毎度感情を合わせて行動をしなければならないから
タングウェイさんが大変だったんだ.
しきりにまたして, またしてそうだった. 方式が違うから共感ができなかったことなの.
しかし少し経っては作品やキャラクターに対してお互いの考えが同じだということを
分かるようになったし, よく理解するようになった.




20代をすべて俳優の履歴で満たしてきた。
ここらで一回ぐらいあなたの俳優論を聞きたい。
からだを使う人なのか、頭を使う人なのか、感情を使う人なのか。
今あなたはどの悟りにさらに近いか。



結局、感情の人のようだ. 学ぶ人の心を動かす職業だ.
いくら身をよく使うと言っても, 頭でいくら計算をすると言っても
結局テクニックに止めればどの瞬間すべてぼろを出す.
もちろん心よりの中にいることをよく表現するためには身と頭を使う事にも
よく上逹されていなければならない.
それでずっと勉強と言うのが必要なようだ.
人々もたくさん見なければならないし, 観察しなければならないし.
特に人に会って学ぶのが一番大きいと思う.




*詳しいインタビューは <シングルス> 9月号であえます.


エディタ:Chun Seung Myung | 月号:2010年 9月号




ついでに、サイズ(構図)が違う、
昨日のニュースに上がっていたサジンを2点貼っておきます^^


S_news02


S_news01


韓国のファション雑誌全般の傾向なんだげど…
まだ、スモーキーメイクやKPOPのアイドルなみのアイラインメイクをしちゃう
ヘアメイクさんもいらっしゃるくらいで…(^^ゞ


でも…もうそろそろ、このワイルド系&無精ひげビニも、飽きたよね(笑)
素材や題材は、結局、一緒ですが。みんな過去のビニサジンを見てないのかなぁ…


なんか不思議。他の俳優さん達の写真や、過去のビニの雑誌系のお仕事を…
リサーチしたりしないのかしら…プランナーや、スタイリストやフォトグラファー達…


似た様な写真が、溢れてるのは、"流行り"だから仕方ないとしても、
やっぱり、独自の物を追及するお仕事なのに…(-_-;)


前の"ハイカット"とかにも言える事なんだけど…


私…いくらビニが、カッコ良くても、
『誰・誰に似てる~』とか言われちゃう様な写真は、
大嫌い!!(とうとう、言った!(笑))


(ビョンビョン~?えぇぇぇ~似てないしょ~?!
今回のは、ミンジュンssi…
「えっ?ベスパMJ兄貴?!」(判る人だけ判る…^^;)って、声掛けたいの、あったでしょ~(笑))


正直に言っちゃうと…こういうファッション誌には、"見た事のないビニ"を
期待しちゃう訳で…


ファッションも… ビニの表情も… ねぇ(by ハングマル)1541870.gif 


コメント
コメントフォーム
Name
Mail
URL
Subject
Comment

Pass
Secret
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。